参議院選挙

 日本政府による韓国への輸出規制の強化に反発する韓国政府が、WTO=世界貿易機関の会合で、日本側が国際的な貿易ルールに違反していると訴え、措置の撤回を要求。 日本政府はWTO協定と完全に一致していると反論し、議論は平行線をたどりました。  スイス・ジュネーブで開かれたWTOの物品貿易理事会に出席した韓国の白芝娥(ペク・ジア)在ジュネーブ韓国政府代表部大使は、現地9日、日本政府による半導体材料の輸出規制強化は、輸出統制を禁じたWTO協定上「根拠のない措置だ」と訴えました。  白氏は、今回の措置が韓国だけを対象としたもので、「政治的な動機で貿易制限措置をとった」と批判。「韓国企業だけでなく世界の貿易にも否定的な影響を及ぼす」として、早期撤回を強く求めました。  これに対し、日本の伊原純一在ジュネーブ国際機関政府代表部大使は「今回の措置は、韓国への優遇措置を通常に戻しただけだ」としてWTO協定違反にはあたらない、との見解を示しました。  韓国側はWTOへの提訴を含む「必要な措置」を講じるとしていて、日韓の本格的な貿易紛争に発展する可能性も出ています。(10日08:57)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA