とても、先進国といえない!

第2回「・・・とても先進国とは思えない樹脂窓の普及率!」


S100x100 170703 010
住宅ライターがレポート!『樹脂窓のチカラ』
箕岡 智子656人がフォロー

2018/07/20 13:47 – No.233

住宅ライターの箕岡智子(ともこ@住宅ライター)です。
早速ですが、まずは上のデータをご覧ください。これは、世界の材質別でみた窓の普及率をあらわしたものです。第1回にて樹脂窓の普及について少し触れていましたが、かなり残念なデータですね。

高性能住宅の先進国はドイツといわれています。そのドイツや、イギリス、フランス、アメリカなどの国は、樹脂の普及率が60%を超えています。木製も熱を伝えにくい材質なので、20%前後のシェアがありますね。
国をあげて高断熱住宅を普及させているのが見てとれます。

話を戻しまして、日本の樹脂の普及率を見てみると、わずか17%…。
これでも増えてきたそうなのですが、ドイツといった住宅先進国と比べると、まだまだ格段の違いがあります。

中国を見てみると、樹脂の普及率は30%ですが、寒冷地域はほぼ樹脂が採用されているそうです。国土の広い中国では、南の温暖な地域に人口が集中しているので30%にとどまっているそうですが、それでも日本と比べて約2倍の普及率。
お隣の韓国に至っては、なんと80%!完敗です。

アルミにも注目してみましょう。
ドイツの普及率が7%に対して、日本は41%。なんと、5倍以上もの差が!あまりの違いに驚きを隠せません。

自動車や家電などで世界をリードしている日本が、窓に関しては、完全に世界から遅れをとっているのが分かります。日本はG7の先進国なので、窓の性能だってドイツやアメリカと肩を並べているべきですよね!アルミと樹脂の比率を逆転させておくべきですよね!!
一体、なぜこんなことに…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA